「永遠の化学物質」PFASが農地を汚染する

 「永遠の化学物質」PFASが農地を汚染する。そして地下水、食も。
 自然では分解することのない合成化学物質PFAS、耐熱、耐水、汚れ防止などのためにさまざまな製品に使われるが、人体には有害でがん、甲状腺異常、肝臓障害、出生異常、免疫抑制など広範な健康被害の可能性がある。米軍基地がその汚染源となっているが、工場から排出されている可能性もある。
 しかし、基地も工場もない農村がこのPFASに汚染される。その原因は肥料として用いられる下水汚泥。つまり工場排水などでPFASに汚染された水が下水に流れ込む。下水処理場の処理で水は浄化されるが、汚泥の中にPFASは残留する。その汚泥が肥料として使われている。米国の市民団体EWGは米国の農地2000万エーカーがPFASに汚染されていると推定されると4月に発表した(1)。2000万エーカーは約800万ヘクタール、日本の全農地の倍近い農地がPFASに汚染されてしまったことになる。汚染された農地では地下水も汚染され、閉鎖を余儀なくされた農場も出ている。
 
 そしてウクライナ危機でこの問題はさらに大きな問題になる。化学肥料の原料はロシア、ベラルーシに大きく依存する。化学肥料は3倍近く高騰している。それならば下水汚泥を活用しよう、という動きになることは想像される。これは米国での対岸の火事に留まらない。すでに、日本でも下水汚泥の肥料としての活用は行われている。それが加速する可能性があるのだ。
 
 化学肥料の代替として下水汚泥が使われることによって農地が永遠の化学物質に汚染されてしまう可能性がある。米国のメイン州は4月、この下水汚泥の肥料としての利用を禁止した米国最初の州となった(2)。しかし、メイン州でもすでにPFAS汚染は大きな問題になっている。
 
 日本はどうなのか、ということなのだが、農水省は下水汚泥の利用価値を認めつつも、重金属や放射性物質などが含まれることに注意をよびかけ、基準を設けて規制しているという。しかし、放射性物質の基準は200ベクレル/kgという以前ならば放射性廃棄物として隔離されるレベルが許されており、そしてPFASに関しては基準が設けられていない(3)。

 

 このままでは本来、まったく汚染と無関係であるはずの農地が永遠の化学物質で汚染される可能性がある。米国農務長官は下水汚泥の活用推進団体関係者を米国都市農業推進委員に指名した。米国も化学肥料原料は輸入に依存しており、ウクライナの危機でさらなる下水汚泥の活用が進められる可能性があるとして、米国の市民団体は下水汚泥の活用を止めるオンライン署名を開始している(4)。
 
 日本でも沖縄をはじめ、多くの地域でこの悲劇が生み出される危険がある。地下水だけではない、肥料として遠くの地域の水、そして食にそれが入り込み、その汚染が続く可能性がある。PFASの利用禁止、下水の規制も必要だが、まずは下水汚泥の利用規制が不可欠だろう。本来、畑を耕し、家畜が残渣を食べ、循環する農業であれば化学肥料も汚泥肥料も必要はない。化学肥料が手に入らなくなる今後、パニックになって使ってしまえば、その農地を除染することは困難になってしまう。冷静に対応策を考える必要がある。
 
(1) EWG: ‘Forever chemicals’ may taint nearly 20 million cropland acres
https://www.ewg.org/news-insights/news/2022/04/ewg-forever-chemicals-may-taint-nearly-20-million-cropland-acres

(2) Maine bans use of sewage sludge on farms to reduce risk of PFAS poisoning
https://www.theguardian.com/environment/2022/may/12/maine-bans-sewage-sludge-fertilizer-farms-pfas-poisoning

(3) 農水省:汚泥肥料に関する基礎知識
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/odei_qa.html

安価で成分安定 脱水汚泥の肥料販売
https://news.yahoo.co.jp/articles/40fc772cd163b291b9bf6725322ff666405e4ac7

(4) NO SEWAGE SLUDGE IN OUR FOOD!
https://gmofreeusa.org/take-action/sewage-sludge-biosolids

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。