年金が世界を破壊する

 世界で多くの人がパンデミックによる不況に苦しんでいる。それに加えて、ウクライナ危機による食料危機が襲っている。そんな非常時にも関わらず、多国籍企業は史上最高益を享受している。それだけでも非条理な事態なのに、それらの企業が嫌がっていた気候危機や生物絶滅危機に対する対策はどこかに吹き飛ばされ、多国籍企業はさらに利益を積み重ねることに邁進している。このままでは危機はさらに深刻化する。危機に対処できる時間は限られているのに、対処するどころか、対策を吹っ飛ばして、さらに危機を深刻にする破壊的な事業に巨額の資金が投入されている。いったい、その資金はどこからきているのか? その最大の資金は実は私たちの金なのだ。年金。私たちの老後を守るはずのお金が地球環境を破壊するために使われている。

 いったいいつからこんなことになったのか、年金基金の運用はリスクの小さい着実な分野に限られていたのではなかったのか? それは1980年代から変わったという。それ以来、世界の年金基金はヘッジファンドやプライベート・エクイティ・ファンドといっしょにハイリターン、高配当を求めて動き出し、年金基金は人びとに姿を知られることなく姿を変えた。世界の年金基金の総額は52兆ドルに達し、世界の金融市場で主要な勢力となりつつある。
 
 日本の年金基金もアマゾン破壊で世界から告発されるブラジルの食肉企業に投資されている。本来ならば年金のような公的な資金が環境破壊ビジネスに投資することは倫理的に許されるべきことではないはずだが、そうしたチェック機構は現在存在しない。本来罰金を払わなければいけないような破壊的事業も現在の極右大統領のもとではまったく自由を享受している。アマゾンが破壊されれば、南米の生態系、さらには世界の生態系に甚大な影響を与えるわけであり、人類の未来を犠牲に、短期的な利益を得るために私たちの年金が使われている。
 
 カナダの年金はブラジルのリオデジャネイロの水道民営化につぎ込まれた。公共財産を企業の私物化、利益の源泉にすることに、世界の年金基金が使われる。人びとの生活の犠牲の上で、誰が利益を得ているのだろうか?
 
 そして、世界食料危機が叫ばれる中で、世界で農地を買い占めが急速に進んでいるが、そこでも年金基金が大きな役割を果たしている。農地の買い占めによって、小農が世界各地で土地を追われ、巨大な工業型・企業型農場へと再編されつつある。流通企業も独占され、企業のための新しい食のシステムへと再編されつつある。これはさらに人びとの生活と世界の生態系を痛めつける。それを進めているのが私たちが積み立てた金…。
 
 年金基金側としては、長期金利が下がり、その中で、利益を最大化させることが年金制度を守る唯一の道だというかもしれない。しかし、その運用によって、人びとの公共財産が奪われ、環境が破壊されたら、その利益の確保など吹き飛ぶ話だ。家を燃やして利益を得る、何のために? そして、その利益を誰が得ているのか?
 
 今、年金で暮らせない人びとの数が世界で急増している。この年金基金の現在のままでの存続はもはや人びとの生活をさらに破壊するものとなっていかざるをえない。現在の年金制度とは違う、もう1つのシステムを作り出すことが今、求められている。企業の利益のために、環境も生活も犠牲とするこのシステムを変えることができなければ、未来はさらにぞっとするものに変わっていくだろう。逆に、このシステムを変える道が切り開かれたら、どうだろう?
 
 どう変えていくことができるのか、小さな国際市民団体Grainが「年金基金資本主義に抵抗する」をテーマに2度のWebinarを開催する。その最初のセッションが5月12日に開催された。次回は6月9日。

RESISTING PENSION FUND CAPITALISM – PART 1

Resisting pension fund capitalism: a webinar series
https://grain.org/e/6834

(1) 日本の年金がアマゾンを破壊する
https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/pfbid0ZARnYvcD78tDXe9L8ofwUgtvJDNWUgdFCdxENn4SVBHN7a6yXbNps9R6nwCjyvjl

報告書日本語訳
調査:オランダと日本の年金がアマゾン森林を破壊する (PDF 7.1MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。